センスのよいデザイン名刺の作り方

必見!デザイン名刺をセンスよく作るポイント

デザイン名刺はビジネスには欠かせないツールです。しかし、限られたスペースで効果的に情報を伝えたいのなら、きちんとポイントを押さえて作ることが必要です。
そこで、今回は、効果的でセンスのよいデザイン名刺を作るポイントについて紹介していきます。

何を重要視するか?

デザイン名刺を作る際にまず考えるのは、どの情報を名刺に入れるかです。会社名、屋号、名前、住所、電話番号など、自分が入れたい情報をいくつかピックアップします。
次に、そのピックアップした情報の優先順位を考えます。優先順位というのは、何を目立たせたいかということです。目立たせたい要素は、大きな文字で入れると効果的です。逆に、あまり重要ではない要素は、目立たせたい要素を邪魔しないように控え目に入れます。
たとえば、取引先の相手に電話をしてほしい場合には、電話番号を少し大きめに入れて強調させましょう。そうすると、相手にとって見やすい名刺になり、好印象を与えることができるのです。
また、電話番号やFAX番号など、似た要素はまとめて配置するとわかりやすいでしょう。

フォントの使い方に気をつける

デザイン名刺を作る上での2つ目のポイントはフォント決めです。フォント選びによってデザインのクオリティが決まるので、慎重に考慮する必要があります。印象づけたいがために、やたらと目立たせるようなフォント使いは逆効果です。使用するフォントは、1つか2つに絞るようにしましょう。もし、フォントを2つ使う場合には、名前や社名のみ変えることがポイントです。
また、太字を使用した場合にはカジュアルな印象を与えます。さらに、文字を小さくした時に、文字がつぶれて読みづらくなる場合もあるので気をつける必要があります。一方、細字の場合には太字よりもカジュアル度は低くなり、文字を小さくしてもつぶれません。ですから、文字はあまり太くしすぎない方がよいでしょう。

余白がデザインの善し悪しを左右する

デザイン名刺をセンスよく作るポイントとして重要なのは余白の使い方です。余白は、デザインの重要要素として欠かせないポイントです。名刺の場合、何でもかんでも情報を入れればよいというわけではありません。見やすく印象に残る名刺を作りたいのなら、限られたスペースの中でどのように余白を作るかが大事になるでしょう。
目立たせたい要素がある場合には、その周りに余白を作るようにします。そうすると、その情報が読みやすくなり、他の情報よりも際立たせることができるのです。また、情報を全て内側に寄せて周りに余白を作ることも、センスのよい名刺としておすすめの方法です。
文字の配置を考える際には、これらのように余白を効果的に使うようにしましょう。

プレゼントはEpoiオリジナルのリボンでとめてペーパーバッグに入れてお届けします。 存在感のあるレディースレザーグッズをお探しの方はこちら。 職人が丁寧に染色、加工した革製品を使ってみませんか? 上質な革で職人が作った印鑑ケースやジュエリーケースも取り扱っております。 Epoiが手掛けるレザーグッズは多彩な組み合わせの中からお選びいただけます。 おしゃれなレディース用パスケースは「EPOI」