デザイン名刺を作るポイント

デザイン名刺制作のポイントとは

味気ない名刺よりも、アピール性が高くて個性を出したい方にオススメなのがオシャレなデザイン名刺です。どんなデザインでも問題ありませんが、おさえておくべき効果的なポイントを紹介します。名刺作成の参考にしてみて下さい。

まずは構図から計画しよう

オシャレなデザイン名刺をつくる上で、初めに決めておくと効果的なポイントは構図です。名刺の構図とは、どのような項目をどこに配置させるのかという骨格要素です。ここで気をつけたいのは、余白の使い方になります。余白や間隔を上手く利用することで、記載内容にインパクトをもたせたり、整理された印象にすることが可能です。さらに片面だけではなく、両面を使うことでデザインの幅が広がり、個性的な構成を展開しやすくなります。そして、何を一番に伝えたいのかを決めて下さい。つまりプライオリティの明確化です。この順位を決めておけば、のちのちフォントの大きさを選ぶ時にも選びやすくなります。
このように、作業する前のステップとして、全体のテーマ設定やデザインの骨格を決めておくことがとても大切です。

フォント選びやカラーリングは慎重に選ぶ

続いてのポイントはフォントの種類や大きさを考える時のポイントです。会社名や氏名のフォントは個性的な種類を選んでも構いません。ただ、連絡先などの項目はできるだけシンプルにすることをオススメします。すべてのフォントを個性的にしてしまうと、煩雑な印象になりやすかったり、重要な連絡先が読みにくくなってしまう可能性があります。
また、カラーリングもデザインの大きなポイントです。1つ目のコツはテーマカラーを決めて統一感を演出する方法です。統一感を出すことで、よりオシャレでモダンな雰囲気を出しやすくなります。そして、2つ目は補色関係にある色を使い、メリハリを強調する方法です。これは色によるインパクトを与え、メッセージ性を大胆にアピールしたい方にオススメです。両者ともデザイン名刺の印象に大きく影響を与える要素なので、ゆっくり慎重に選ぶようにして下さい。

名刺のスタイルも工夫次第

3番目に紹介するのは少し上級者向けの制作ポイントです。名刺のサイズは収納した時のことも考えると、規格サイズを崩さない方が便利です。しかし、必ずしも一枚の紙である必要はありません。たとえば折りたたみ式のデザイン名刺や、観音開きのような二重構成のデザイン名刺を作ることも可能です。このように個性的なスタイルの名刺は、クリエイティブ系の職種の方にはピッタリです。デザイナーとして自分を表現する名刺に、このような手法で遊び心を採用することは、時として相手に大きな興味を抱かせることがあります。
以上のようなポイントを工夫することで、世界に1つだけの個性的でオシャレなデザイン名刺をつくることができます。興味のある方はぜひチャレンジしてみて下さい。